FC2ブログ

セレガ写真館 沿岸バス

セレガ写真館 沿岸バス(北海道苫前郡羽幌町)
留萌市内路線のほかその郊外路線、都市間路線の「特急はぼろ号」を手がけるほか、貸切も営業しています。留萌、羽幌、遠別、豊富に営業所を構えるほか、北広島市にも営業所を置いています。路線・貸切問わず採用されている日本海をイメージしたカラーリングはなかなか秀逸。車両は日野車と三菱が主体となっています。

405-1b.jpg
U-RU2FTAB 旭川22か405(1990年式)
特急はぼろ号用として導入された、標準出力のF17E(340ps)搭載のGD。

460-1b.jpg 460-2b.jpg
U-RU1FRAA 旭川22か460(1991年式)

570-1b.jpg 570-2b.jpg
U-RU1FRAA 旭川22か570(1992年式) ※Y-ymd様ご提供

895-1b.jpg 895-2b.jpg
U-RU1FRAA 旭川22か895(1995年式)

935-1b.jpg 935-2b.jpg
U-RU1FRAA 旭川22か935(1995年式)
1991年~95年にかけで計8台(91年式1台、92年式2台、94年式2台、95年式3台)が一般路線用として三菱エアロバススタンダードデッカーと共にまとまった数が採用された、セレガFM。型式はいずれも中間尺のRU1FRで折戸とメトロ窓という基本的な仕様は全車共通ですが、91・92年式には側面方向幕が無いのをはじめ、側窓の色など細かい差異が見られます。当初はホイールベース間に沿線自治体の広告写真がラッピングフィルムで貼られていましたが、のちに撤去され標準色になっています。いずれのクルマも留萌、羽幌周辺の一般路線で活躍していましたが、既に殆どのクルマが退役しています。なお、570は「北の大地のめぐみ号」の愛称で北海道産米をPRするラッピングが前面を除く三面に施されていました。

601-1b.jpg 601-2b.jpg
U-RU1FRAB 旭川22か601(1992年式)
こちらは旭川線(留萌~旭川)と羽幌線(幌延~留萌)の快速用として、1992年に2台が採用されたFS。クレードが一つ上がったものの、上に紹介したFMと同様の中間尺・低出力仕様となっています。長距離に対応してトイレが装備されているほか、側窓が下段引き違いの半固定窓、扉もスイングドアとなるなど、一般路線用のFMより格上であることが窺えます。

781-1b.jpg
U-RU2FTAB 旭川22か781(1993年式)
特急はぼろ号用として導入された、標準出力のF17E(340ps)搭載のGD。

1972-1b.jpg 1974-1b.jpg
U-RU2FTAB 札幌22か1972/同1974(1993年式)
貸切車として導入されたFD。

2364-1b.jpg 2364-2b.jpg
U-RU2FSAB 札幌22か2364(1994年式)
こちらも貸切車として導入された、U-規制モデル後期型のFD。沿岸バスでU-後期型のFDはこの1台のみ。

2601-1b.jpg 2601-2b.jpg
U-RU3FSAB 札幌22か2601(1995年式)
貸切車として導入されたU-規制モデル後期型のGD。特別カラーが目を引きますが、後に標準カラーに塗り替えられました。なお、沿岸バスでU-後期型のGDはこの1台のみ。

sp230i386-1b.jpg sp230a386-2b.jpg
KL-RU4FSEA 札幌200か・386(2004年式)
特急はぼろ号用として導入された、沿岸バス初のセレガR。当初は旭川ナンバーでした(旭川200か386)

as230a201-1b.jpg as230a201-2b.jpg
KL-RU4FSEA 旭川230あ201
貸切車として2014年頃に入籍したFD。前ユーザー時代のカラーリングを堅持しています。

as230a388-1b.jpg
PKG-RU1ESAA 旭川230あ388

as230a390-1b.jpg
LKG-RU1ESBA 旭川230あ390(2011年式)
二代目セレガのデビュー直後から継続的に導入が続いているセレガHD。いずれも特急はぼろ号用としての導入です。
スポンサーサイト

セレガ写真館 エアー

セレガ写真館 エアー(北海道札幌市)

4377-1b.jpg
2016年式 日野QTG-RU1ASCA
プロフィール

ru4fscb

Author:ru4fscb
S'ELEGA Expressへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR