FC2ブログ

セレガ写真館 安全永楽交通

セレガ写真館 安全永楽交通(北海道札幌市)
現在もタクシー会社として盛業中の事業者ですが、2010年10月まで貸切バス事業も行っていました。バス部門は当初「永楽観光バス」という会社で、昭和60年に今も残るタクシー部門である「安全タクシー株式会社」と合併し現社名となっています。バス事業末期の在籍車両は三菱ふそうと日野が主力で、スーパーハイデッカを中心としたラインアップの中で末期に纏まった数が新車導入された二代目セレガSHDが主力車種として活躍していました。

1774-1a.jpg 1774-2a.jpg
1774-3a.jpg 1774-4a.jpg
ADG-RU1ESAA 札幌200か1774(2006年式)

1775-1a.jpg 1775-2a.jpg
ADG-RU1ESAA 札幌200か1775(2006年式)
日野車の新車導入はP-RU638BB(富士HD-1)以来長らく止まっていましたが、2006年春に久々の日野車としてSHDが2台導入されました。ブルーを基調にしたカラーリングはこのセレガで初めて採用になったもの。冬期間は2台が相次いでJALツアーズ契約貸切車となり、「JAL旭山動物園ほっきょくぐま号」と名づけられ専用ラッピングが施されました。

1992-3a.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌200か1992(2007年式)
2007年4月に導入された増備車のうち1台は、「JAL TOURS」契約貸切車として専用カラーを纏って登場しました。札幌圏でPKG-規制モデルのSHDは丸喜交通に次いで2例目となります。

2206-1a.jpg 2206-2a.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌200か2206(2008年式)

2207-1a.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌200か2207(2008年式)
2006年から継続して増備されてきましたが、2008年式の2台が最終増備車となりました。
スポンサーサイト

セレガ写真館 旭川交通

セレガ写真館 旭川交通(北海道旭川市)

866-1a.jpg
ADG-RU1ESAA 札幌230あ866
2014年入籍のSHD。

セレガ写真館 ヤマニ観光

セレガ写真館 ヤマニ観光(北海道札幌市)
※現在は事業停止

sp230a82-1a.jpg

sp230a82-2a.jpg sp230a82-3a.jpg
KL-RU1FSEA 札幌230あ82
当初は同社標準色でしたが、後に香港の大手旅行会社「永安旅遊」の契約貸切車となりました。

sp230i82-3a.jpg
KL-RU1FSEA 札幌230い82

セレガ写真館 鵡川ハイヤー

セレガ写真館 鵡川ハイヤー(北海道勇払郡むかわ町)

mu230a270-1a.jpg
U-RU1HHAB 室蘭230あ270
鵡川ハイヤー初のセレガとなったのが、このFC。公式側側面後部に荷物搬入用と思われる扉を装備する非常に特徴的な仕様を持つ個体です。当初はワインレッド一色だったカラーリングは、後に標準カラーに変更されています。

mu230ki666-1b.jpg
KL-RU1FSEA 室蘭230き666
2016年入籍の後期型セレガR GJです。

セレガ写真館 北興運輸

セレガ写真館 北興運輸(北海道旭川市)

234-1a.jpg 234-2a.jpg
U-RU2FTAB 旭川200か234(1992年式)

597-2a.jpg
U-RU3FTAB 旭川200か597

722-1a.jpg 722-2a.jpg
KC-RU4FSCB 札幌200か722(1998年式)

セレガ写真館 ふらのバス

セレガ写真館 ふらのバス(北海道富良野市)
旭川電気軌道の富良野営業所が1983年(昭和58)に分離独立、旭川電軌と富良野市が出資して誕生したバスでは珍しい第三セクター事業者。車両は旭川電気軌道からの移籍車のほか、自社発注車も多く活躍しています。カラーリングは基本的には旭川電気軌道に準じていますが、各種オリジナルカラーも存在します。

1157-3a.jpg
※ドリーミント様ご提供
1157-1a.jpg 1157-2a.jpg
KC-RU4FSCB 旭川22か1157(1997年式)
当初はJALツアーズの契約貸切車として新製、後に画像の旭川電気軌道に準じた雪の結晶をイメージしたカラーに衣替えされました。

340-1a.jpg
U-RU2FTAB 旭川200か340  ※おおもも様ご提供
路線車として活躍していたFD。

291-1a.jpg 291-2a.jpg
KL-RU4FSEA 旭川200か291(2002年式)
快速ラベンダー号(富良野~旭川)に使用されているFS。雪の結晶をモチーフにした貸切車に対し、美瑛町から占冠村までつづく、国道237号線「花人街道237」(沿線自治体が共に美しい景観づくりを進める中で誕生した愛称)をイメージした新路線車カラーを纏っています。

409-1a.jpg 409-2a.jpg
KL-RU4FSEA 旭川200か409(2004年式)

473-1a.jpg 473-2a.jpg
KL-RU4FSEA 旭川200か473(2005年式)
貸切車は三菱ふそう中心に導入されてきましたが、2004年以降は日野の貸切車が採用されています。その後の二代目セレガ増備に伴い、路線車に転用されたものも数台出ています。

507-1a.jpg
ADG-RU1ESAA 旭川200か507(2006年式)
2006年5月に貸切車として導入された二代目セレガHDで、道北地区ではいち早くの採用でした。リミテッドエディションで、車内は後部セミサロン定員41名という仕様になっています。

as230a5858-1a.jpg 8989-1a.jpg
PKG-RU1ESAA 旭川230あ5858/右:旭川230あ8989(ともに2010年式)

2012-1a.jpg
LKG-RU1ESBA 旭川230あ2012(2011年式)
貸切車として継続して増備が進むリミテッドエディションのHD。これらは後にリヤスポイラーが後付けで装備されています。

セレガ写真館 ヒルズカンパニー

セレガ写真館 ヒルズカンパニー(ヒルズレジャー観光 北海道石狩市)
石狩市生振で焼肉・ステーキレストランを営むヒルズカンパニーの貸切バス部門で、「ヒルズレジャー観光」の名称で営業しています。

sp230ki102-2a.jpg
KC-RU4FSCB 札幌230き102

セレガ写真館 はまなす観光バス

セレガ写真館 はまなす観光バス(北海道北広島市)
かつてはブルーバスグループに加盟していましたが、のちに離脱。車両は三菱ふそうが過半数を占め、日野が少数加わるというラインアップとなっています。

3066-1a.jpg 3066-2a.jpg
3066-3a.jpg
U-RU3FTAB 札幌22か3066(1991年式)
ながらく同社唯一の日野車だったのがこのGJ。座席は補助席なし正席45名仕様。2006年11月から大阪府の旅行会社「エヌズ・エンタープライズ」のニーズツアー契約貸切車となり、ラッピングが施されました(スキーシーズン終了後ラッピング解除)。2008~2009年シーズンもニーズツアー契約貸切車となり、ピンクをベースカラーとしたラッピングが施されました。2011年に除籍となりました。

7-1a.jpg 7-2a.jpg
KL-RU1FSEA 札幌200き7
2010年秋頃に同社2台目の日野車として導入されたのが、このセレガR GJ。車内は収容力重視の12列仕様となっています。

セレガ写真館 はな交通

セレガ写真館 はな交通(北海道苫小牧市)

mu230u11-1.jpg mu230u11-2.jpg
U-RU2FTAB 室蘭230う11

598-1a.jpg
U-RU3FTAB 室蘭200か598

616-1a.jpg 616-2a.jpg
U-RU3FTAB 室蘭200か616
現在は除籍されています。

mu200ko888-1.jpg
U-RU3FTAB室蘭200こ888

661-1a.jpg 661-2a.jpg
KC-RU4FSCB 室蘭200か661
2010年入籍のGJ。

mu200ka1063-1.jpg
2TG-RU1ASDA(推定) 室蘭200か1063(2017年式)
2台目となる二代目セレガ。

セレガ写真館 エヌ・ピーサービス

セレガ写真館 エヌ・ピーサービス(北海道札幌市)
元々は管工事業を営む「ナカムラパイプ」が貸切バス事業に参入し「エヌピーバス」の愛称で営業していたものですが、2010年4月からは㈱エヌ・ピー・サービス(日高観光札幌営業所)としてクローバー観光のグループとなるも、その後の改組により現在は存在しない模様です。

sp230a5151-3.jpg
U-RU2FTAB 札幌230あ5151(1990年式)
※年式・型式データ提供:只野 イニさま

セレガ写真館 ドリーム観光バス

セレガ写真館 ドリーム観光バス(北海道札幌市)
1991年創業の貸切バス事業者。当初は小型限定でしたが、後に限定が解除され現在は大型も保有しています。

1146-1a.jpg
U-RU1HHAB 札幌200か1146(1995年式)
補助席無しの正席定員27名、後部2列回転のセミサロン仕様。

セレガ写真館 トラベラーズサポート

セレガ写真館 トラベラーズサポート (北海道札幌市)

1866-1a.jpg 1866-2a.jpg
1866-4a.jpg
U-RU3FTAB 札幌200か1866

4361-2a.jpg
KC-RU4FSCB 札幌200か4361

セレガ写真館 どうなん交通

セレガ写真館 どうなん交通(北海道室蘭市)
道南バスの100%出資で設立された系列会社。当初は道南バス商事のバス事業部としてバス事業(貸切)をスタート。その後、道南バスが不採算路線の分離と貸切バスの低廉受託、自治体バスの運行委託等の事業を道南バス商事株式会社に譲渡することとなり、貸切自動車部門を分離独立し、94年7月に現社名となりました。当初小型5台だった保有車両は97年の小型限定解除に伴い大型も加わり、現在は大型スーパーハイデッカから小型まで幅広い車種ラインアップを揃えています。また、前述の通り道南バスから管理委託を受けての路線バス運行や、自治体バス運行など地域の足を守るという重要な役割も担っています。
(参考資料:道南バス公式ホームページ、バスラマ66号)

172-1a.jpg
U-RU2FTAB 室蘭200か172
親会社の道南バスには存在しない型式です。乗車定員57名(補助席なし)という仕様になっています。

459-1a.jpg 459-2a.jpg
U-RU3FSAB 室蘭200か459

733-1a.jpg
U-RU2FSAB 室蘭200か733
道南バスから移籍のFD。

セレガ写真館 テーオー運輸

セレガ写真館 テーオー運輸(恵庭交通 北海道恵庭市)
トラック事業者であるテーオー運輸の貸切バス部門で、「恵庭交通」の名称で営業しています。

sp230a717-1.jpg
ADG-RU1ESAA(推定) 札幌230あ717
2009年春に導入された同社初のセレガ。リミテッドエディションですが、オプションのリヤスポイラーが装備されています。

sp230a721-1a.jpg sp230a721-2a.jpg
ADG-RU1ESAA 札幌230あ721
2010年暮れに導入されたものと思われるSHD。既に除籍・売却されています。

セレガ写真館 タカミ観光バス

セレガ写真館 タカミ観光バス(北海道有珠郡壮瞥町)

mu200u1111-2a.jpg
U-RU1HHAB 室蘭200う1111
後部回転サロン仕様のFC。

mu200i2222-1a.jpg mu200i2222-2a.jpg
KC-RU1JHCB 室蘭200い2222
直結エアコン仕様のFC。前後のみ逆Tで開閉可能という非常に珍しい側窓の配列が特徴的です。

mu200a3333-1a.jpg
KC-RU1JHCB 室蘭230あ3333

mu200e555-1a.jpg
KC-RU4FSCB 室蘭200え555
2007年入籍のKC-規制モデルのGJ。

mu230a6868-1a.jpg mu230a6868-2a.jpg
PKG-RU1ESAA 室蘭230あ6868
2009年夏に新車導入されたインバウンドツアー専用車。

セレガ写真館 ソトヤマ

セレガ写真館 ソトヤマ(優駿観光バス 北海道浦河郡浦河町)

mu230ku88-1a.jpg
U-RU1HHAB 室蘭230く88

セレガ写真館 じょうてつ

セレガ写真館 じょうてつ(北海道札幌市)
元は1915年創業の「定山渓鉄道」という社名で、かつて東札幌と定山渓を結んでいた鉄道を運営していた鉄道事業者。昭和初期からバス事業もスタートし、1969年の鉄道線廃止後はバス事業者(及び不動産業等)として存続。現社名になったのは1973年のことでした。旧社名時代の1957年から今に至るまで、東京急行電鉄傘下の事業者です。

バス事業は札幌市南部を中心に路線を広げ、既存の自社路線に加えて2003年4月に札幌市交通局から藻岩自動車営業所の移譲を受け、一気に路線規模が広がりました。また、一時期大幅に規模を縮小していた貸切バス事業も、ここ数年は積極的な投資が見られるようになっています。

1175-1a.jpg 1176-1a.jpg
U-RU3FTAB 札幌22か1175/札幌22か1176(共に1991年式)

1177-1a.jpg 1179-1a.jpg
U-RU3FTAB 札幌22か1177/札幌22か1179(共に1991年式)
洞爺湖線(札幌~洞爺湖)用に6台(後に1台が除籍・売却となる)が導入された、センタートイレ4列シート仕様車。長らく同路線専用で活躍していましたが、2004年11月30日を以って路線廃止となったため、全車除籍・売却となりました。

sp200ka3091-1b.jpg 3091-2a.jpg
KC-RUSFSCB 札幌200か3091(1999年式)
2011年11月に系列間移籍で東急バスから入籍したFD。前面二分割窓、折戸、メトロ窓、外気導入なしのオートクーラー(サブエンジン式)と簡素な仕様が目につく一方、リアスポイラーとFFシフトを装備するという一面もあるという興味深い仕様のこのクルマは、KC-規制モデルの末期に設定された廉価版の「スタンダード観光」と思われます。なおこのクルマは2011年12月1日より運行が始まった「定山渓温泉かっぱライナー」専用車として導入されたもので、画像の通り専用カラーのラッピングが施されています。

なお、後述の「札幌230あ7500」の入籍に伴い、2017年5月に除籍されました。

sp230a7500-1b.jpg sp230a7500-2b.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌230あ7500(2007年式)
2017年4月に系列間移籍で東急バスから入籍したPKG-規制モデル前期型のHDで、じょうてつ初となる二代目セレガ。川沿営業所に路線車として配置、外装のラッピングをはじめとした改装を終え、5月より運用に投入されました。

画像の通り既存車に準じた「かっぱライナー」のラッピングが施されましたが、当初はサイドから窓へ延びるアクセントピラーやフロントガラス下のブラックアウト部など、セレガの特徴的なエクステリアデザインに囚われない大胆なラッピングとなっていました。しかし、短期間で前面と前位側面部分のラッピングが一部変更されました。

sp230a7600-1b.jpg sp230a7600-2b.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌230あ7600(2007年式)
2007年9月に系列間移籍で東急バスから入籍したPKG-規制モデル前期型のHDで、じょうてつでは2台目となる二代目セレガ。主にかっぱライナー号に充当されていますが、カラーリングはご覧の通りマーキュリーカラーでの登場となりました。

sp230a7700-1b.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌230あ7700(2007年式)
2007年10月に系列間移籍で東急バスから入籍したPKG-規制モデル前期型のHDで、じょうてつでは3台目となる二代目セレガ。外装は前掲の7500と同様のラッピングが施され、主にかっぱライナー号に充当されています。

セレガ写真館 シノヤマ観光自動車

セレガ写真館 シノヤマ観光自動車(北海道室蘭市)

229-1a.jpg
U-RU3FTAB 室蘭22う229(1992年式)
正席45、補助席8の定員53名。後部2列回転式のセミサロン仕様のGDでしたが、既に除籍・売却されています。

917-1a.jpg 917-2a.jpg
U-RU3FSAB 室蘭200か917
2015年入籍のGJ。

mu230e6-1b.jpg
KC-RU4FSCB 室蘭230え6

セレガ写真館 ザ・オリエンタルバス

ザ・オリエンタルバス(北海道北広島市)
2015年創業の若い事業者です。

sp200ko7777-1a.jpg
QTG-RU1ASCA 札幌200こ7777(2015年式)
開業に際し7台が用意された新車は全てセレガで、いずれもハイデッカのリミテッドエディションです。

セレガ写真館 グロー企画

セレガ写真館 グロー企画(南幌バス 北海道空知郡南幌町)

2358-1a.jpg 2358-2a.jpg
U-RU2FTAB 札幌200か2358
南幌バス初のセレガがこのFDです。

2590-1a.jpg 2590-2a.jpg
KC-RU3FPCB 札幌200か2590
南幌バスでは2台目となるセレガがこのFS。KC-規制モデルでは珍しい短尺車です。

セレガ写真館 くしろバス

セレガ写真館 くしろバス(北海道釧路市)
元となる「釧路自動車株式会社」は1926年創業という老舗事業者。現在のくしろバスの直接的な原形となった「東邦交通」は1944年に設立され、1989年に現社名となりました。

東北海道貸切バス事業協同組合(ひがし北海道観光バス手配センター)に属しており、かつて貸切車の多くが加盟各社共通の所謂センターカラーを纏っていましたが、現在は自社標準カラー車が多くなっています。

1197-1a.jpg
U-RU2FTAB 札幌200か1197(1993年式)

204-1a.jpg 204-2a.jpg
U-RU3FTAB 釧路200か204(1991年式)
2005年初春より稼動を始めた、3列シート床下トイレ・仮眠室つきのインターシティ仕様。丹頂鶴をイメージしたくしろバス標準色を纏っています。画像では通常側面に入る「KUSHIRO BUS」のロゴがありませんが、のちに追加されています。

230-1a.jpg 230-2a.jpg
U-RU3FTAB 釧路200か230(1991年式)
貸切車として導入されたU-規制モデル前期型GD。

263-1a.jpg
U-RU2FSAB 釧路200か263

kushiro264-1a.jpg
U-RU2FSAB 釧路200か264

セレガ写真館 キングハイヤー

セレガ写真館 キングハイヤー(北海道函館市)
1963年創業の老舗タクシー事業者で、1990年に貸切バス事業に進出。大型スーパーハイデッカを主体とし、車椅子リフト付きの富士7Sやボルボアステローペも保有するなど、保有台数は少ないながら高品質なラインアップを誇っていました。しかし、2011年3月いっぱいでバス事業を終了。引き続きタクシー事業者として存続するも、2014年3月に同業他社との吸収合併が行われ、姿を消してしまいました。

451-1a.jpg
U-RU3FSAB 函館22か451(1994年式)

452-1a.jpg
U-RU3FSAB 函館22か452(1994年式)

セレガ写真館 エムズメッセ

セレガ写真館 エムズメッセ(北海道札幌市)

2907-1.jpg 2907-2.jpg
U-RU3FTAB 札幌200か2907(1990年式)
2011年に入籍したU-規制モデル前期型GD。元はじょうてつで洞爺湖線用として活躍していた個体で、ホイールベース間付きトイレ4列シート仕様からの改造(トイレは撤去)でした。後にナンバーは後述の「札幌200あ98」へと変わり、カラーリングも変更されました。

2910-1.jpg 2910-2.jpg
U-RU2FTAB 札幌200か2910
2011年に入籍したU-規制モデル前期型FD。ごく短期間の在籍で除籍され、カラーリングも前所有者時代ほぼそのままでした。

230i1001-1.jpg 230i1001-2.jpg
U-RU2FTAB 札幌230い1001
群馬県の事業者から移籍したFD。当初は前事業者時代のカラーリングのまま使用されていましたが、後に塗り替えが行われました。既に除籍・売却されています。

ibs8888-1.jpg 8888-2.jpg
U-RU1HHAB 札幌200こ8888
2012年入籍のFC。短期間の活躍に終わり、既に除籍・売却されています。

230a97-1.jpg 230a97-2.jpg
U-RU2FTAB 札幌200あ97
2012年に登場したU-規制モデル前期型GDで、サブネームは「遥」(Haruka Cabin)。標準出力のF17E型エンジンを搭載しています。

98-1.jpg 98-2.jpg
U-RU3FTAB 札幌200あ98(1990年式)
前述の「札幌200か2907」からの登録変更後の姿で、サブネームは「悠」(Yuu Cabin)。2013年に除籍・売却されました。

230a99-1.jpg
U-RU3FTAB 札幌230あ99(1993年式)
「舞」(Mai Cabin)のサブネームが付けられたGJ。高級感漂う外装に加え、本革シートと後部回転サロンを備える豪華な内装も特徴的でした。その後除籍・売却されています。

100-1.jpg 100-2.jpg
U-RU3FTAB 札幌230い100
2009年夏に登場したU-規制モデル前期型GJ。前掲の99同様にサブネーム「響」(Hibiki Cabin)が付けられました。その後除籍・売却されています。

230e101-1.jpg
KC-RU4FSCB 札幌230え101
上掲の100からやや遅れて登場した同社初のKC-規制モデルのGJ。こちらにもサブネーム「華」(Hana Cabin)が付けられました。その後除籍・売却されています。

230u102-1.jpg 230u102-2.jpg
U-RU3FSAB 札幌230う102
2009年秋に登場したCabinシリーズ第四弾の「翔」(Syo Cabin)。

200ka777-3.jpg

200ka777-1.jpg 200ka777-2.jpg
KC-RU4FSCB 札幌200か777(1997年式)
鮮烈な赤一色のボディカラーと大きな太陽の絵柄、そして「Sun Premium Coach」の大きなロゴが目を引くとにかく派手な1台。変則的なトランクリッドと車内の独立3列シートからもわかるとおり元インターシティ仕様で、そのフロントマスクから一見セレガRに見えますが、ベースはKC-規制モデルです。なお、2016年に改装され、後述の「札幌200け111」に変わりました。
※画像上段はデビュー当時、下段は後の姿。

111-1.jpg
KC-RU4FSCB 札幌200け111(1997年式)
上掲の「札幌200か777」が2016年に改装され、この姿となりました。

230a9009-1a.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌230あ9009(2008年式)
2007年の東京モーターショーに日野自動車から出品され話題を呼んだ「セレガプレミアム」。その外装デザインを忠実に再現して登場したのがこのSHD。モーターショー出品車と同様の金色のアクセントピラーと濃紺のボディカラーが目を惹くこのカラーリングが、後のエムズメッセの標準カラーとなりました。内装は横4列の12列仕様で、正席49名、補助席6名の定員55名となっていました。その後2011年に除籍・売却となりました。

230a9119-1.jpg 230a9119-2.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌230あ9119(2010年式)
前掲の9009に続き2010年に導入された二代目セレガ。パッと見では標準車に見えますがリミテッドエディションで、オーナメントランプ風の精巧にステッカーで再現されたダミーのオーナメントランプ、金色のアクセントピラー、随所に配されたメッキ処理が注目です。その後除籍・売却されています。

200ki1-1.jpg
PKG-RU1ESAA 札幌200き1(2010年式)
9119と同時に導入されたと思われるクルマで、こちらも標準車に見えますがリミテッドエディション。中国の旅行会社「駿亜旅遊」の専用カラーを纏ったインバウンドツアー専用車。メッキ処理されたアクセントピラー(窓部はカッティングシート)と後部ガーニッシュ、塗装されたサイドミラーが特徴的です。その後除籍・売却されています。

200e2-3.jpg

200e2-1.jpg 200e2-2.jpg
LKG-RU1ESBA 札幌200え2(2011年式)
LKG-規制セレガの12m車としては恐らく道内第一号と思われるのが2011年1月に導入されたこのクルマで、リミテッドエディション。「駿亜旅遊」契約車は前掲の「札幌200き1」に続き2台目で、リミテッドエディションをベースにしているのも既存車と同じです。その後は駿亜旅遊のロゴが外され、新たに「桜」(Sakura Cabin)の愛称が付けられています。現在は除籍・売却されています。

9229-1.jpg 9229-2.jpg
LKG-RU1ESBA 札幌230あ9229(2011年式)
前掲の「札幌200え2」とほぼ同時かやや遅れて登場したのがこのクルマ。既存車同様、ベースはリミテッドエディションです。

9779-1.jpg
QTG-RU1ASCA 札幌230あ9779
2016年に新車導入されたQTG-規制モデルのHDリミテッドエディション。

セレガ写真館 グローイングツーリスト

セレガ写真館 グローイングツーリスト(北海道札幌市)

188-1a.jpg
ADG-RU1ESAA 札幌230い188(2006年式)

セレガ写真館 クリーンコーポレーション

セレガ写真館 クリーンコーポレーション(北海道札幌市)

2328-1a.jpg 2328-2a.jpg
U-RU1HHAB 札幌200か2328
2009年に入籍したU-規制モデルのFDで、札幌市内のホテル「ノボテル札幌」の送迎車として稼働していました。名阪近鉄バスが新車導入、銀嶺バスを経ての入籍でしたが稼働は1年ほどに終わり、2010年頃に除籍となっています。

セレガ写真館 かさい観光

セレガ写真館 かさい観光(北海道札幌市)

2278-1a.jpg
U-RU1HHAB 札幌200か2278
乗客定員27名の後部回転サロン仕様。当初白一色だったボディカラーは、のちに丹頂鶴のイラストと社名ロゴが追加されています。

セレガ写真館 エムワイ観光

セレガ写真館 エムワイ観光(北海道旭川市)
2010年設立の貸切専業事業者。当初は旭川市永山の本社のみでしたが、現在は北広島市にも営業所を置いています。

792-1a.jpg 792-2a.jpg
U-RU2FTAB 旭川200か792(1991年式)
元は旭川市内で自家用として保有されていたもの。カラーリングも自家用時代そのままで活躍していましたが、既に除籍され現存しません。

セレガ写真館 西東京観光バス

セレガ写真館 西東京観光バス(山梨県甲府市)
新たに恵庭市に営業所(札幌営業所)を構え、2015年9月より北海道での運行を開始した貸切事業者です。

4117-1a.jpg
QTG-RU1ASCA(推定) 札幌200か4117

4590-1a.jpg
SDG-又はLDG-RU8JHBA 札幌200か4590

セレガ写真館 北紋バス

セレガ写真館 北紋バス(北海道紋別市)
オホーツク管内北部を中心に路線バス事業と貸切バス事業を営む事業者。1949年(昭和24年)創業の老舗で、2001年までじょうてつと資本関係を結ぶ東急グループの一員でした。

336-1a.jpg
KL-RU4FSEA 北見200か336
長く三菱ふそうを愛用することで知られていた同社でしたが、2012年に初のセレガが貸切車として導入されました。北海道内の貸切車では珍しいセレガRのFSで、当初は画像の通り白一色でしたが、後にマーキュリーカラーに替わって制定されたライトブルー貴重の標準カラーに塗り替わっています。

335-3a.jpg 335-4a.jpg
PKG-RU1ESAA 北見200か335
上掲の335と同時に入籍したPKG-規制モデルのリミテッドエディション。側窓のガラスはリミテッドでは比較的珍しいサンベールグリーン。またオプションでリヤスポイラーが装備されています。当初はイエロー一色でしたが、後に標準カラーとなっています。

セレガ写真館 エイチ・ビー観光

セレガ写真館 エイチ・ビー観光(北海道函館市)
函館バスの観光貸切部門が独立し、2006年4月より営業を開始した会社。お馴染みのマーキュリーカラーに車名ロゴが付加された姿となっています。

343-1a.jpg 343-2a.jpg
U-RU3FTAB 函館22か343(1992年式)

344-1a.jpg
U-RU3FTAB 函館22か344(1992年式)
同年式2台が在籍する乗車定員57名のGD。函館バス時代に導入された車両です。

636-1a.jpg 639-1a.jpg
U-RU2FRAB 函館22か636/函館22か639(1991年式)
こちらも函館バス時代に導入された、珍しい短尺のFD。同年式2台が在籍し、車内は乗車定員55名(うち補助席10名)仕様です。

467-1a.jpg
KC-RU4FSCB 函館200か467
2009年入籍のGDで、同社のセレガでは初のKC-規制モデル車。
プロフィール

ru4fscb

Author:ru4fscb
S'ELEGA Expressへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR